/

コンピューターウィルスってなんだか怖そう

コンピュータウイルスとは何か

コンピュータウイルスとは何か


コンピュータウイルスとは何かを知ることは、適切なセキュリティ対策をする上で非常に重要です。


まず、コンピュータウイルスには主に3つの機能があることを覚えておきましょう。


ちなみにその機能というのは「自己伝染機能」「潜伏機能」「発病機能」が挙げられます。


経済産業省の「コンピュータウイルス対策基準」でコンピュータウイルスの定義付けがされていますが、3つの機能のうち1つ以上が該当すれば、コンピュータウイルスと呼べるというものです。


また、第三者のプログラムやデータベースをターゲットにし、故意に被害を与えるように作成されたプログラムであることが条件として定められています。


ちなみにひとつひとつの機能を紐解いていくと、自己伝染機能はコンピュータウイルスが自らの複製を作成し、他のシステムに伝染する機能です。


次に潜伏機能ですが、この機能は発病するためのタイミングなどの条件が整うまでシステムに潜みます。


そして発病機能は、コンピュータを正常に動作させなくしたり、プログラムやデータなどのファイルを破壊したりする機能です。




自らのコンピュータのみならず他者への影響が考えられ、コンピュータウイルスが潜んでいることに気が付かないことがあるといったように、発病する以外の脅威があることが分かります。


そのため、セキュリティ対策ソフトを導入することで、発病する前にコンピュータウイルスを駆逐する必要があるのです。


また、ウイルスに感染しないようなコンピュータの使用を心掛ける必要もあるでしょう。








セキュリティ対策の入り口


初心者の方は、コンピュータウイルス、スパイウェア、不正侵入、個人情報保護、迷惑メールといった様々なリスクへの対策を練る必要があります。


ここで注意すべきことは、ウイルスチェックだけでは検出できない脅威があるということです。


中にはセキュリティ対策ソフトを導入せず、プロバイダーによって提供されているウイルスチェックをたまに行う程度という方がいますが、これではあまりにも不十分と言えます。


なぜなら、コンピュータウイルスを検出することは可能かもしれませんが、その他の脅威を発見することは不可能だからです。


そのため、市販されているセキュリティ対策ソフトを導入することによって、コンピュータウイルス以外の脅威からコンピュータを守る必要があるでしょう。


しかし、数多くのソフトを導入することが必ずしも良い結果を招くとは限りません。


ソフト同士が競合してしまうことにより、パフォーマンスが落ちてしまうなどのトラブルが起こるからです。


コンピュータウイルスにはコンピュータウイルスに対応したソフトを、スパイウェアにはスパイウェアに対応したソフトを選ぶようにしましょう。


また、ひとつ導入するだけで総合的なセキュリティ対策を行えるソフトがあります。


この類のソフトにはファイアウォールが搭載されていますので、OS標準のファイアウォールとの競合を回避するため、どちらかの設定を無効にする必要があります。


また、セキュリティ対策ソフトを導入するにあたって、ブラウザやメーラー、文書作成ソフトや表計算ソフトなどのセキュリティ機能の設定方法を併せて把握しておくことが大切です。



メーカー製のパソコンにははじめからセキュリティソフトが入っていることが多いのですが、動作が重くなったりメモリを多く消費したりするトラブルも多いようです。パソコンに慣れてきたら自分で必要な性能を選べるBTOパソコンがおすすめです。通販でカスタマイズして購入できます。